バイオスティミュラント

バイオスティミュラントとは?

バイオスティミュラントとは、日本語訳で「生物刺激資材」と言います。近年ヨーロッパを中心に世界中で注目を浴びている新しい農業資材カテゴリーになります。バイオスティミュラントは、植物に対する非生物的ストレスを抑制することにより、気候や土壌のコンディションに起因する植物のダメージを軽減し、健全な植物を提供する新しい技術です。


世界中で注目が集まるバイオスティミュラント資材

非生物的ストレスって何?

農薬が解決すべきターゲットは害虫、病気、雑草、生長調節(生物的ストレス)であるのに対し、バイオスティミュラントは干ばつ、高温障害、塩害、冷害、霜害、酸化ストレス(活性酸素によるダメージ)、物理的障害(雹や風の害)、農薬による薬害など(これらを非生物的ストレス)に対する抵抗性を高め、結果的に増収品質改善を実現しようとするものです。

バイオスティミュラントは通常天然成分であったり、動植物由来の抽出物であったり、微生物起源の代謝産物などから作られます。そしてそのほとんどは一般的に使用者、消費者、環境のいずれに対しても安全であるとみなされています。

より具体的に…

活性酸素の抑制

光合成の活性化

開花・着果の促進

蒸散のコントロール

浸透圧の調整

根圏環境の改善

根量の増加・根の活性向上

などの効果があげられます。


バイオスティミュラントの分類

①腐植質、有機酸資材(腐植酸、フルボ酸)

②海藻及び海藻抽出物、多糖類

③アミノ酸及びペプチド資材

④微量ミネラル、ビタミン

⑤微生物資材(トリコデルマ菌、菌根菌、酵母、枯草菌、根粒菌など)

⑥その他(動植物由来機能性成分、微生物代謝物、微生物活性化資材など)

日本のバイオスティミュラント

日本には古くから海藻資材を農業現場で使用したり、ぼかし肥料を自家製で製造したり、実は古くから存在しています。バイオスティミュラントという概念がなかったのです。

日本におけるバイオスティミュラントの標準化・規格化に向けて、2018年1月に「日本バイオスティミュラント協議会」が発足しました。同協議会では、バイオスティミュラントの概念のけんきゅ、新技術や知識の整理蓄積、国内外の情報収集などに取り組み、安全性や効果の確保のための品質・規格の標準化などを行い、より良いバイオスティミュラントが多くの農業生産者に役立つように活動しています。

当サイト上の文章・写真・イラスト等は、日本バイオスティミュラント協議会の使用許可を得て掲載しております。